November 03, 2017

永遠

途中まで読んでて結末を知りたいからと大人買いしたコミック
最終巻あたりで実は最後まで読んでたことを思い出す

途中までは登場人物の感情を丁寧に描いていて感動するんだよー
でも最後の方雑になるんだよ
雑というか収拾付けらんなくなっちゃったのかもしれないけど

残念でならない
俺物○もそうだったの思い出した
設定としてはドロドロだから丁寧に描きつつ爽やかに終わるのなんて無理なのかも

高校卒業してからの展開が難しいのも一緒かも
でもあっちはとりあえずハッピーエンドだからまだよい
伏線ガン無視でも

マリコさん再度出てこなくてもよかったと思う
最後も全然幸せそうだと思えなかった
姉のマリッジブルーなんてどーでもいいわ
共感できなかった
もっと弟にも気配り見せてほしい

みんながもっと成長しないといけなかったのかな
んで野沢と太ちゃんと進展してその後にマリコさんに再開するなら良かったのに

って勝手なこと書いてるけどさー
納得いかなすぎて最後の方記憶になかったんだよ
友情どうなったのよ

太がかっこいいからなぁ
柳さんはどこがいいのかわからん
二太郎もなーどうかなぁ
マリコさんは嫌いじゃない
野沢かわいい
縫之介も

なんかなー前半が良すぎなんだよ
単行本も買ってたけど売ったんだと思う
今回もそうする

October 24, 2017

読了

江神二郎の考察
あー二郎なのか江神先輩
意識してなかった
短編集面白かったよ
分厚いのと結構濃いのでちょっとずつ味わった

書き下ろしの会話が主の話がなんかよかった
別の話が女王国の城とつながってるのは気づかなかった

解説が皆川博子でうれしかった
「慈しみ」か
それだ
私が魅力に感じているポイントは
作者のそういうところだって指摘してくれててスッキリ

江神先輩の素性は明らかになるんだろうかー
長編あと1作って知ってたけど寂しいね
月光ゲームから読み返したくなるなぁ

気分がなかなかよろしい

フラゲに行けるし
天気も気温も悪くないし
お風呂の心配しなくていいし
(給湯器新調済)
勝率戻ったし
読んだ本当たりだったし

«読了