筋肉少女帯

March 31, 2009

別館のご案内。

筋少関連の検索ワードでお越しの方には、
別館の方がおすすめです。
どちらもとりとめのない、つぶやきブログですが、筋少関連ネタは別館に書いています。

September 18, 2007

余韻。

液晶に向かって発電中。

余韻に浸る。
ふむー。
環境が許せば、オフ会とか行ってみたら楽しいのかなと思う。
このコーフンを共有できるのならば楽しいはず。
一緒にLIVE行く人いなかったらネットで友達作っただろうなー。

ほんと苦しいんですよ。LIVE中。
なんでこんなに苦しいことをあんなに楽しみにしてたんだろう?
なんで何度も何度もこんな目に遭いたいと思うんだろう?って本気で疑問に思ったもん。
自分でもなんでだかわからないようなことを、おんなじように頑張ってくれる友達がいてよかった。

おんなじように頑張ってても、価値観が同じとは限らなくて、
Mちゃんは「オーケンにフェロモン感じたことは一度もない」ときっぱりw
橘高ファンだから不思議ではないのですが。

環境が許せばって話なら確実に言えるのはこれ。2日と3日も行ってた。

April 06, 2007

4/1 LIQUIDROOM。

「帰ってきた筋少ちゃん祭り!ゲストも多数の新春スペシャルライブ」 
4/1 LIQUID ROOM

【セットリスト】
1.イワンのばか
2.カーネーション・リインカネーション
 (ゲストその1:POLYSICS ハヤシ登場)
3.日本印度化計画
4.少年、グリグリメガネ拾う
5.元祖 高木ブー伝説
 (ゲストその2:パーカッショニストの朝倉慎司さん)
6.ネコのお腹はバラでいっぱい
7.青ヒゲ兄弟の店
8.ベティ・ブルーって呼んでよね
9.山と渓谷
 (ゲストその3:水木一郎)
10.じーさんはいい塩梅
11.221B戦記
 (ゲストコーナー終了)
12:マタンゴ
13:暴いておやりよドルバッキー
14:これでいいのだ
15:サンフランシスコ
16:トゥルーロマンス
 (encore)
17:モコモコボンボン(Vo.内田くん!)
 (新アルバム制作発表!!)
18:バトル野郎
19:踊るダメ人間

遅くなりましたが、感想UP。

筋少ちゃん祭り=ゆるいLIVE?と思ったので、この日はまったり楽しむことに。
おいちゃん側のカウンター席の前のところに腰掛けてお客さんたちをウォッチした。
予想以上に平均年齢高そうだった。ロリータさんも若くない人がほとんど・・・。
昔もたまーにモデルのようにきれいな人が来ていて、目の保養っと思ってたのですが、この日もいました。
おいちゃん側と橘高ちゃん側ってやっぱ客違うわ。

ゆるいLIVEとの予想に反して1曲目でイワン!

一人目のゲスト、POLYSICSのハヤシ氏は、昔の筋少ちゃん祭りのアニキナイトで、
大槻の投げたエロ本をGETして大事に持って帰ったそうです。
(大槻が、エロ本に群がる男共を例えて「地獄絵図の餓鬼のようだった」と言ってたのがツボにはまったw)
ハヤシ氏が、印度化計画の最後に「ハヤシもあるでよ~」と言ったのも面白かった。

二人目のゲスト、パーカッショニストの朝倉慎司さんとは、アコースティックバージョンの曲をやりました。
「山と渓谷」でちょっと、キタ。この曲悲しすぎてまともに聴けなかったので、あーLIVEで普通に聴けちゃうんだなぁと思うとなんだかしみじみよかったなぁ~って気になった。のかな?
でも感動しつつ大槻見てたら、ヴィブラートかけるときの口の動きが変で笑いそうになったよ。
しかし、冷静に考えてみると、歌、上手くなったと思った。

三人目のゲスト、水木一郎は前にも見たことあるぞー。
キャラが変わってておかしかったー。はじけてた。吹っ切れたとご本人もおっしゃっていたww
「じーさんはいい塩梅」はねぇ。22期5人がほんとーに仲良かったときの曲なので、
太田さんが一緒じゃないのがすごくさみしかった。
5人で「筋」「肉」「少」「女」「帯」って背中に一文字づつ書かれたTシャツ着て歌ったりしてたよねー。
個性がバラバラな5人なのに、橘高ちゃんも太田さんもそんなことやりそうにないのに、
みんなでマイク持って歌ってたのが微笑ましかった・・・。
もう、太田さんのことはあきらめようと思った。
この時点で戻ってないということはもう戻ってこないのではないかと思う。

ゲストが帰り、またまた激しい曲いくぞーとなった。
マタンゴもサンフランシスコも、やっぱエディがいるほうが絶対良いです。
ブーも、ギターバージョンの方が聴き慣れてるはずなのに、ピアノの方がいいねぇぇ。
あとは孤島の鬼も聴きたかったーー。これだけちょっと残念。
アンコール前最後の曲がトゥルーロマンスだったのはちょっとびっくり・・・。

アンコールの1曲目は、内田くんがボーカルやってましたっっ!
大槻に「ちょっと緊張してるだろ」と言われてて、かわいかったー。
気持ちは盛り上がったけどイマイチノリ方がわからなかった。
バトル野郎は、大槻も内田くんも間違えて早く終わっちゃってたねw
ダメ人間で最後ってのはけっこう好きです。

メンバーひっこんでBGM流れ出したし、この日はもうみんな再アンコール期待してなかった。
アルバム制作発表が何よりうれしいニュースで、みんなも満足して帰ったんじゃないかなー。
このLIVEが終わっても、これで最後じゃないって思えるのがすごく幸せでした。

朝日新聞のインタビュー記事に「中高年がんばれソングを作りたい」などと書いてあって、まじ??と思ってたのですが、
大槻はそんなこと言った覚えはないと言ってた。よかった。
「中高年がんばれソングってかっこ悪いよねぇ?」と言っていてホッとした。
「しかし、筋少の曲はすべて人生の応援歌だーー!」とも言って、観客があまり同意しなかったので、
「首をかしげるなー!なんでおまえらロックコンサートでボーカルの言うことに同意しないんだー」と嘆いていたのが笑えた。

大槻は、歌詞は思いっきり譜面台見てたりしてたなー。トゥルーロマンスも。
水木一郎のはじけっぷりに、橘高ちゃんと内田くんが顔を見合わせて笑ってた。
大槻のモヒカンヘアからは、2本くらい長い毛が飛び出していて気になったw
上手(かみて)の端から見てたので、エディが死角だったー。
アンコール前?何か投げてたのが何だか知りたかったよ。青い物。

「筋少ちゃん祭り」(これは「ちえみちゃん祭り」からきてるんだそうです。堀ちえみだよー。時代を感じる・・・)
の割には、曲も普通にたくさんやってくれて、楽しかったよ。
最初はこんな感じだったのが、段々エスカレートしてパフィとかやるようになっちゃったんだよね。
例によってあんまり覚えてないのだけど・・・。(多分見たんだと思う)

そうそう、LIVEのタイトルの「新春」ってのはお正月のことだから、この時期に使うのは変だと思ったよう。
誰か気づかなかったのかー。

March 27, 2007

つづき。

セットリストだけ見たい人もいるかもなので、分けました。

内田くんいっぱい見れてうれしかった~。
釈迦の間奏のヘドバンを間近で一緒に出来て幸せ・・・。
なんか24より25の方が短い気がしたのだけど、どちらも19曲でした。
25日は、2度目のアンコールもあるかもっ?ってくらい、
電気ついてもみんな帰らないでコールしてたよ。ダメでしたが。

LIVEってのは楽しんだもん勝ちだと思ってる。
楽しむために必要なのは、愛(バンドに対する愛情)と気合。

あらためて文章化すると自分でもちょっと引くなぁ・・・w
まーこの部分が形成されたのは若かりし頃なので許してちょ。

んーで、あきらかにこいつには勝った!と2度ほど思った。
ひとつめは、駅から会場までの道で、「チケットゆずってください」って紙持って立ってた人。
みんな苦労して手に入れてるんだから、本当に見たいんだったらもっと努力すればいいのにと思う。

もひとつは、25日にアンコールの前かなんかに、
「後ろの人が押してきてムカつく」とか友達に向かって、けど他の人にも聞こえるように、大声で言ってた人。
その後ろの人ってのが私の可能性もあるのだけど・・・
後ろの人はそのまた後ろの人に押されてるのだから仕方ないんだよ。
押されるのイヤだったら前にいちゃいけないんだってー。
せっかくステージの近くで見れてるのに、楽しまないでムカついてるなんてもったいない。

(強引に割り込んだりするのはマナー違反だと思うけど、
 自分が流されてその隙に割り込まれるのは仕方ない。お互い様だし実力勝負なのです。)

LIVEで超満員電車状態になるのって、久しぶりだったけど別に苦じゃなかった。
2列目くらいだと、前の方から新鮮な空気が来るので、それほど苦しくないのかも。
開演前近くにいた男の人と密着することになったらイヤだなぁぁとは思ってましたが、
確認できる範囲ではまわりは女子ばっかりだったので大丈夫だった。

丈夫な体に生んでくれてありがとう。と、いつも思う。
それから、この気合とかタフさとかは何故実生活で発揮されないのだろう・・・とも。

Cちゃんに、思い入れの強さがここまでとは意外だった と言われて、
私はそう言われたことがちょっと意外だったよ。
愛と気合が持続していることに関しては、自分でも驚いている。
っつーか、それは筋少が今も変わらずすごいからだよっ。
んでもって、ベストな選曲でLIVEしてるんだから、これは再燃必至ですよっ。

3/25LIQUIDROOM。

「筋少リターン!やってない曲がまだまだあるぜ!」2日目。 
3/25 LIQUIDROOM

【セットリスト】
1.トゥルー・ロマンス
2.くるくる少女
3.暴いておやりよドルバッキー
4.カーネーション・リインカネーション
5.小さな恋のメロディ
6.イタコLOVE
7.詩人オウムの世界
8.戦え!何を!?人生を!
9.生きてあげようかな
10.香奈、頭をよくしてあげよう
11.日本印度化計画
12.バトル野郎
13.イワンのばか
14.釈迦
15.労働者M
(encore)
16.少年、グリグリメガネを拾う
17.蜘蛛の糸
18.元祖 高木ブー伝説
19.これでいいのだ

サプライズはイタコLOVEですねっっ。うれしかった~~。
これ、リンダリンダみたいな曲にしたかったから、アカペラで始まるんだそうですよww
副題「ブルーハート」だし。
あとは珍しくない感じですねー。復活後にどこかでは演ってる曲。
孤島の鬼が聴けなかったー。イタコLOVEも一時期favoriteだったくらいなのですが、
今は孤島の鬼の方が好きだなー。

…要するに内田くんの掛け声が入ってるよーな曲はすごく大好きだ。
前日の決心通り内田くん見てきたっ!!
ちょっと高い位置から見ようか?とも思ってたのだけど、
ベストな場所はもう埋まってたので、それなら前行っちゃえーってことに。
だいたい2列目くらいで見れたよう。
片手は柵につかまれたので流されにくくてラッキー。腰骨とひざにアザできたけど。
橘高ファンに囲まれながら一人で違う方見てた。
ぜぇったい気付いてくれたよ。ピック欲しかったなぁぁ。

あと!近くで見た橘高ちゃんの第一印象は、やっぱ老けてるっ!でした。
アンドロイドのように全く変わっていないのかと思っていたので、
それなりに歳は取るのかーと納得。
でももちろん美しかったです~~。
最初はフワフワな髪の毛が段々しぼんでいくのとかも久々に見て、
あ~、前もそうだったなぁと思ったよ。

内田くんは若いよねー。むしろ若返ったかもってくらい。健康的になったからね。
大槻は、DVDで見たときよりは、ちょっと年齢感じたよー。なんとなく。
おいちゃんはあんまり見えなかったw

ドラマー君は大槻に、筋少をどう思ってたんだ?と聞かれて、答えに困っててかわいかった。
大槻に千円返したのかなー。

つづく。

March 25, 2007

3/24LIQUIDROOM。

「筋少リターン!やってない曲がまだまだあるぜ!」 
3/24 LIQUIDROOM

【セットリスト】
1.少年、グリグリメガネを拾う
2.くるくる少女
3,マタンゴ
4.小さな恋のメロディ
5.僕の宗教へようこそ
(イッキ)
6.踊るダメ人間
7.詩人オウムの世界
8.戦え!何を!?人生を!
9生きてあげようかな
10.おもちゃやめぐり
11.日本印度化計画
12.バトル野郎
13.イワンのばか
14.これでいいのだ
15.サボテンとバントライン
(encore)
16.労働者M
17.蜘蛛の糸
18.221B戦記
19.サンフランシスコ

今回はセットリスト載せられるよう頑張ってみた。
1曲目がグリグリメガネとは!「やってない曲がまだまだあるぜ!」ってだけはある。
マタンゴやったーーっっっ!!しかしやや不完全燃焼な気もするぜーー。
3曲目に来ると思ってなかった。まだ自分のテリトリーを確保しきれていなかったので、あんまり動けなかったのです(>_<)
それから、イッキしたよぉ!pain windだけどビールは止めてなかったらしい。
じゃあなんで中野でやらなかったのよーと思ったけど、体力温存のため???なのかもね。
それから特筆すべきは労働者M!すごいなLIVEで聴いたのいつ以来?月光蟲ツアー?
「諸君らに夢はあるかー?」の太田さんの声がないのがちょっと悲しかったよー・・・。
それ以降のアンコールの曲は私的にはイマイチなのですが、
(221B戦記ってLIVE向きじゃないよー。録音の台詞ってどうよ)
明日もあるのでOKです。サンフランシスコも中野で聴けなかったし、うれしかったーっ。

初めて行ったLIQUIDROOMは、DVD見たときも思ったとおりステージが狭くて、
もっと大きいところでやればいいのに~というのが第一印象。
でもLIVE始まってみたら、狭さも心地よかった。
大槻のトークが素っぽくってかなり笑えた。
(「曇ったメガネ」トークもあったww)
中野のときは台本あったんだろうなー。

新しいサポートドラムの人はどうかなーなんて心配もしてたんだけど、
演奏中はそんなこと気にする余裕皆無でしたっ。

男多かったなぁぁ。4割くらいは男な気がする・・・。なんでー?
25日は整理番号100番台なので、24日よりは前に行けるはずなのだが、
どこで見るか悩むーーー。
24日は内田くんがあんまり見えなかったので、内田くん見えるところにするぞ。

しかーし。2DAYSは良いねーー。
今日のLIVEが終わって、また明日もLIVEって至福のとき。


March 21, 2007

やってない曲。

やってない曲がまだまだあるぜ!
ってタイトルなくらいだから、中野・大阪・名古屋とは違う曲を演ってくれるんだろうと期待。
その3ヵ所でも調べたら微妙に違ってた。
でも、ほとんど「大公式」の曲ばかり。
大公式に入ってなくてLIVEでやったのは、
中野の「航海の日」と「愛のためいき」と「少女の王国」くらい。

せっかくエディがいるんだからマタンゴをやってくれっっ!!!24か25でお願いっ。
中野で聴けなかったサンフランシスコも聴きたい。
孤島の鬼もキノコパワーも。
月とテブクロはさすがに無理な気がするが。
サンフランシスコはきっと聴けると思うから、やっぱりマタンゴを切に希望。
やっぱシスベリ好きなのね~。

24と25ではどの程度違うのだろう。2日連続で行く人もけっこういるよね?よね?

っつーか、本当はこんなことしてる場合ではない気も。
しかし4/1までは使い物になりませぬ。

【3ヵ所で演った曲】
トゥルー・ロマンス
くるくる少女
暴いておやりよドルバッキー
踊るダメ人間
僕の宗教へようこそ
カーネーション・リインカネーション
元祖 高木ブー伝説
日本印度化計画
戦え!何を?人生を!
バトル野郎~100万人の兄貴~
イワンのばか
これでいいのだ
サボテンとバントライン

【1~2ヵ所で演った曲】
釈迦
サンフランシスコ
モーレツア太郎
詩人オウムの世界
蜘蛛の糸
香奈、頭をよくしてあげよう
小さな恋のメロディ
生きてあげようかな
おもちゃやめぐり
器械
航海の日
愛のためいき
少女の王国

モーレツア太郎は大公式に入ってないんだね!
マタンゴやってくれるかな~~。孤島の鬼もっっ。

March 20, 2007

DVD。

やっと届いたので早く見たいんだけど、
時間が取れなーい。
なにかをしながら見れるものではないので。

March 18, 2007

すかんち?

ファンはかぶるのか?
私的には違う気がするのだがー。わからん。
ジュンスカの方がまだ知ってる曲があるぞ。
あー、ローリーは嫌いじゃないけどね。
グラムロックってのが好みじゃないのかも。
25周年ってすごいね。

March 15, 2007

雑記。

眠いんだよねー。
しかし、眠いときは寝ればいいんだ。と思った。
やりたいことがあるのに時間がもったいないっっとか思っても、
眠いものは仕方ないので、できるだけ逆らわないで寝ることにする。
この、カラダに逆らわないってのが、ちょっとヨガ的な感じがしていい。自己満足。

天然酵母のパンってのを焼いてみたいんだが、
パン種がネットじゃないと買えなさそう。送料もったいない。
もう少し探してみるか。
ホームベーカリーって、焼きあがったらすぐに取り出さないといけないものだった。
おととい夜7時ごろ焼き始めたら、出来上がるのが1時近くになってて、
この眠い状態で1時まで待つのは無理だから、諦めて寝た。
途中で止める訳にもいかないし。
翌朝に取り出してみたら、下の方に水分がたまって重くなってたよ。早くも失敗。

Amazonに予約してあるCD&DVDがまだ来なーい。
DVD見ちゃったらやばいけど・・・。
結局チケットはGETしてしまった。そこそこの値段で。
これも大人買い?と思ったけど、昔も無理して買ってたので、これは違うー。
普通にFCでチケット取れてた気もするなぁ。
余ったのを売ったりもしてたよなぁ。余ったのの処分はヤフオクのが便利。

オールスタンディングでどうしたらいいのか迷い中。
超満員電車状態の中に飛び込むつもりはないのだけど、上着は脱ぎたいよなぁ。
かばんはどうするんだろう。
昔は上着とか荷物全部床に置いてたけど、
もう大人なのでそんな無防備なことはしちゃいけない気がする。
サイフとケータイだけちっちゃなポシェットかなんかに入れて持っとくかなぁ。
ポシェット買わなきゃー。とか。楽しい悩み。

Mちゃんはどのくらい気合入ってるんだろう。
ヒールの高いブーツは履いてくるんだろうなぁ・・・。
冬じゃなかったらまだ汗かいてもいいんだけど・・・。
いやーやっぱ無理かな。男が多いとあのギュウギュウ詰めはツライ。